歯が抜けた方へ

歯が失ってしまった場合の選択肢

歯が抜けてしまった場合の治療法である「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、じっくりご希望を伺ったうえで適切な治療法をご提案いたします。ご予算やご希望に合わせてお選び頂けます。

入れ歯…人工の歯を歯茎に乗せる治療です。取り外して手入れをする必要がありますが、比較的簡単に治療を受けることができ、歯や歯ぐきの状態の変化に応じて微調整が可能です。

ブリッジ…失った歯の両側の歯を土台とし、橋を渡すように支えてクラウン部分(外から見える歯の部分)を補う方法です。両側の歯を削る必要が生じますが、見た目が自然である点と、固定式のため違和感が少ない点がメリットです。

インプラント…歯の根の代わりになるチタン製の棒を骨に埋め込み、その上にクラウンをかぶせます。手術が必要となるため、他の治療法に比べて治療期間が長く費用も高めですが、まるで自歯のような自然な見た目と感覚を取り戻すことができます。

自家歯牙移植…欠損部位(歯を失った部分)に対し、歯の移植治療(自家歯牙移植)を行っています。

入れ歯

部分入れ歯、総入れ歯ともにさまざまな種類があり、選択肢が豊富です。
取り外してのお手入れが必要になりますが、比較的簡単に治療を受けることができて、歯や歯茎の変化にあわせた細かな調整が可能です。歯科材料の種類も豊富ですので、ライフスタイルやご予算にあった治療プランを幅広くご提案することが可能です。お気軽にご相談下さい。

ブリッジ

外科的処置を必要とせずに、ある程度の自然な感覚を取り戻すことができる治療法です。抜けた歯の左右の歯を削る必要がありますが、「インプラントまでの治療は必要ない」とお考えの方や、持病をお持ちでインプラントが受けられない方、歯茎や骨が痩せていてインプラントに適さない方の選択肢としてもおすすめしています。
しっかりと固定されるので、取り外してお手入れする必要がなく、入れ歯に比べ噛むことができます。また治療費が比較的安価で治療期間が短い点もメリットの一つです。

インプラント

インプラント治療とは

歯科分野での「インプラント治療」とは、失った歯の代わりに人工的な歯を埋め込む治療方法を差します。
手術により顎骨に金属の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。
埋め込む金属は、金属アレルギーが起こりにくく骨と結合する性質をもつチタンを使用します。
骨にしっかりと根を埋め込む治療ですのでグラつきがなく、仕上がりの見た目も感覚もごく自然。
自歯を取り戻したような感覚でお使い頂けます。
また、着脱式ではないのでお手入れの手間がありません。

1本だけ歯を失った場合

一般的に多いインプラント治療で、失った歯のあとに1本だけ埋入します。
ブリッジと異なり、左右の歯を削らずにすむ点もメリットです。

複数の歯を失った場合

数本の歯を失った場合は、部分入れ歯を用いる治療が一般的です。しかし、着脱式の部分入れ歯は残った健康な歯や歯茎に負担をかけ寿命を縮めてしまうという問題点がありました。
インプラント治療の場合は、インプラントを支えとしたブリッジ方式で人工の歯を装着するため、残った歯への負担がありません。

全ての歯を失った場合

インプラントでの入れ歯は、ヘッド部分をバーで連結させたうえでしっかりと固定する方式です。食事や会話時に入れ歯のズレなどを気にせずに済みます。
また、インプラントを2~4本入れ、磁石を用いて入れ歯を安定させる方法が注目されています。インプラントの本数が少なくて済むので費用負担も抑えられ、体への負荷も少ないので高齢の方にもおすすめです。

メリットとデメリット

インプラントのメリット
違和感がなく、天然歯と同等の安定したかみ合わせを保つことが可能
人工歯根にて支えるため、健康な歯を削る必要がない
見た目が美しく、外からは自然歯と見分けがつかない
適切にケアを行うことにより長く使うことができる
噛む力がインプラントを通じて伝わるため、顎の骨が痩せない
インプラントのデメリット
顎の骨の状態によってはインプラント手術を行うことができない
他の治療方法に比べて比較的費用が高額
ブリッジや入れ歯よりは治療期間が長い
歯科医師による定期メンテナンスが必要

術後のメンテナンス

インプラント施術後1年間は特に念入りなメンテナンスが必要となります。
より長持ちさせるためには、歯科衛生士によるブラッシング指導と、専門器具を利用した定期クリーニングが効果的です。
また、かみ合わせや固定度のチェックのため、歯科医師の検診を年に3回以上受けることをおすすめしています。

アフターケアとインプラントの寿命

かみ合わせに問題がなくきちんと固定されており、適切なプラークコントロールが行われていれば10年、20年と長持ちします。
インプラント周囲の炎症を防ぎ長持ちさせるためには、歯石など汚れやかみ合わせの状態、歯根部分の固定状況の定期的なチェックが大切です。ご家庭での入念なブラッシングはもちろん、歯科医師による定期検診を欠かさずに受けて下さい。

医療法人社団 厚耀会 わかばデンタルクリニック 042-537-0830

診療までの流れ 白い歯募金
スタッフ紹介 アクセス・診療時間 わかばデンタルクリニックブログ わかばデンタルクリニック公式Facebook